お墓関連で増加している魅力的なサービスで負担の少ない建設・管理

整理を任せる

人が亡くなったあとにはいろんな整理が必要となることがあります。最近はいろんな人にその知識やサービスが必要とされているので、専門で遺品整理する業者も登場しています。

この記事の続きを読む

お得なクリーニング

最近墓石クリーニングというサービスが提供されていますが、これをもっとお得に利用したいと考えるなら、墓石の建設からクリーニングがしやすいような作りにすることが推奨されているのです。

この記事の続きを読む

気になる費用

遺品整理を利用することで、遠方に住んでいる遺族でも便利に後処理を済ませることができます。しかし、気になるのがその料金です。業者内でも大きく差があるので、複数社に見積もりを依頼したいものです。

この記事の続きを読む

需要は増加している

ますます需要が増加しているお墓掃除代行サービスですが、これを利用することでよりお墓が綺麗になるので、家族の負担を減らすことができるということで重宝されています。

この記事の続きを読む


墓地購入のいろいろ

広々とした敷地が魅力的です。墓地は大阪府内で手に入れると故人も遺族も喜びます。駅近くにもありいつでも手を合わせることが可能です。

墓地の購入は敷地のみの購入と、敷地と墓石の両方の購入とがあります。 後々自分や家族が入る予定であっても墓石を先に建てておく場合と、土地だけを先に買っておく場合があるからです。 墓地の購入は霊園が多いのですその基準は敷地のみの状態で買う事が出来る所と、墓石も立てて中にお骨が入る予定が無いと購入できないという所があります。 そして墓地の敷地のサイズによって敷地の購入価格が変わってきます。 同時に年間管理費もその敷地サイズによって変わってきます。 墓地を買おうと決断してから最低限これだけはチェックしておきましょう。 実際の敷地内に建てる墓石ですが、デザインが自由であったり規制があったりという事があるので墓石を建てる予定ができたら必ず確認しましょう。 まれに墓石の高さ制限がある霊園もあります。

墓地の管理は市や区が行っている所もあれば、お寺や宗教団体が行っている所もあります。 敷地の料金と年間使用料を確認する時に確認をしておくとよいでしょう。 最近は宗派不問で誰でも購入する事が出来る霊園が多いのですが、まれに宗派の制限がある霊園あるのでここ確認しておきましょう。 従来型の各世帯ごとの墓地の購入もありますが、合同の墓地もあります。 納骨堂に近い感じでお骨本体は個別の小さなスペースに入り、墓石は大きな碑に近い状態でシンボル的に建てられている形式もあります。 この形式は個別のスペースを購入する形式になります。 庭園墓地の形式をとった場所を購入する場合には墓石などでわかりやすく個別のしきりは無いので、めいめいの霊園が提案する敷地のスペースを購入してお骨を入れる形をとります。 この場合も年間管理料が発生する事が多いので同時に金額を確認しましょう。


オススメリンク